テク

テクノロジーがビジネスのグローバル化を支援する4つの方法

事業規模に関係なく、海外への展開は長期的な成長の秘訣です。 海外への拡大は、市場へのアクセスと潜在的な顧客基盤を大幅に拡大すると同時に、厳密には地域のビジネスにはない新しい才能、リソース、機会へのアクセスを提供します。 これらの具体的なメリットにもかかわらず、グローバル化は成功を保証するものではありません。 研究はそれだけを示しました 米国企業の25%が海外ベンチャーを成功させている.

これの多くはオーバーリーチに関連しており、海外にショップを設立するための多額の財務コストでは、拡張を実行可能にするのに十分な収益が得られません。 しかし、新興技術のおかげで、グローバル化のコストはこれまでにないほど低くなっています。 海外にオフィスを構え、スタッフの半数を海外に派遣するのではなく、拠点を離れることなく世界各地でビジネスを展開できます。 テクノロジーがビジネスのグローバル化を促進し、その過程で繁栄する方法を以下に示します。

1.海外Eレジデンシーの確立

歴史的に、海外でビジネスを行うための最大のコストの190つは、別の国または地域内で合法的に取引するための要件を満たすことでした。 しかし、eレジデンシープログラムの人気が高まっているおかげで、外国に行くことさえありません。 これらの中で最も人気のあるものは、エストニアの非常に高い評価を受けているE-Residencyプログラムです。これにより、数万の企業が「仮想居住者」になり、EU内で無制限の取引を、わずかXNUMXユーロの手数料で行うことができます。 エコノミスト、日本の首相、およびドイツのアンゲラメルケル大統領はすべてこのプログラムを利用しており、これは非常に強力な裏書です。

2.モバイル決済ソリューションを使用する

高額な料金とビザンチンのコンプライアンス法がしばしば伴う国際銀行業務の莫大なハードルを乗り越えるのではなく、テクノロジーにより、企業は単一のデジタル決済ソリューションを使用して世界中のどこからでも支払いを処理できるようになりました。 選択できるソリューションは無数にありますが、ビジネスの世界で現在最も人気のあるものは、PayPal、Alipay、PaySafeCard、Apply Pay、およびSkrillです。 これらの安全で信頼できるソリューションを使用すると、コンプライアンスを維持し、取引手数料を回避しながら、いつでも、どの通貨でも支払いを処理できます。

3.ライブストリーミングテクノロジーを使用する

ライブストリーミングテクノロジーの登場により、世界中の誰とでもミーティング、セールスピッチ、および交渉をリアルタイムで、ゼロコストで行うことができるようになりました。 さらに、ストリーミングにより、業界全体でグローバルな規模でサービスを提供することもできます。 たとえば、グローバルなオンラインカジノプラットフォームのウィリアムヒルを見てみましょう。 ライブストリーミング技術のおかげで、 彼らは現在、ブラックジャックなどのライブカジノゲームを提供しています、ポーカー、ルーレット。本物のディーラーをフィーチャーし、日本の顧客に提供します。 このシンプルなテクノロジーにより、以前はローカライズされていた企業が、わずかなコストで日本市場に進出することができました。

4.柔軟なコラボレーションツールを選択する

海外展開では、コミュニケーションが重要です。 多くの異なる利害関係者と、多くの場合異なるタイムゾーンで協力している場合、 柔軟で完全にクラウドベースのツールが鍵。 電子メールの電話にこだわるのではなく、Microsoft Teams、Trello、Asana、Slackなどのオールインワンのデジタルソリューションを使用します。 これにより、すべての海外活動を追跡し、クライアント、パートナー、または顧客が騒音で迷子になるのを防ぐことができます。 異なる文化では異なる作業習慣を好むため、これらのツールにはすべて電話、ビデオ通話、インスタントメッセージ、ソーシャル機能が組み込まれているため、ニーズに応じて適応することもできます。

これらのシンプルで手頃な価格の技術リソースを使用すると、重大なリスクを冒すことなくグローバルに移行できます。 今日のバブルを超えて、より広い世界であなたを待っている豊富な機会の探求を開始してください。

著者について

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください