ビジネス

クラウドソリューションがビジネスを変える7つの方法

企業

人々が他の人に他の人に言ったのはそれほど前のことではありませんでした。アクセスできないため、自分のPCまたはラップトップにあるファイルを送信できるようになるまで待つ必要があるでしょう。 これは、仕事やその他で、最近問題ではなくなりました。 基本的に、あなたが行うすべてのことはいつでもオンラインでアクセスできるようになりました。 お気に入りの映画やテレビ番組であっても、クラウド上でいつでもアクセスできます。 結局のところ、メモは非常に重要であるため、作成したメモもクラウドに保存されます。

クラウドソリューションは、人々のコミュニケーションと働き方を変えました。 ビジネスの世界では、これらの改善により新たな期待が生まれています。 しかし、最も変わったところを見てみましょう。

1.ビジネスは年中無休で稼働しています

すべてが常にクラウド上で利用可能であるため、ワークライフバランスを維持することはこれまでになく困難です。

いつでもすべてにアクセスできるため、従業員は仕事と日常生活を切り離すことができません。 携帯電話がさらに統合されたという事実も助けにはならない。 クラウドは、従業員に常に警戒を怠らないことを要求します。 誰かがドキュメントまたはクイックフィックスを必要とする場合、それは問題にはなりません。 あなたがする必要があるのはあなたの電話でそのドキュメントにアクセスすることだけなので、必要な変更を加えて、それをプロントに送るだけです。

クラウドは、企業がリモートワークを実現しながら、顧客にサービスを提供する義務の要求を超えて、それを可能にしました。

2.生産性を向上

クラウドに投資する企業は、データを保存し、通信と処理を行うことができる中央リポジトリを取得します。 このような中央ハブを使用すると、従業員は世界中のどこからでも、選択したインターネット対応デバイスを使用して実質的に作業できます。 しかし、それだけではありません。 従業員は顧客とつながり、一流の顧客サポートを確保できます。

クラウドサービスの統合により、企業は大幅な節約のメリットも享受できます。 クラウドを配置すると、クラウド会計ソフトウェアプログラムを顧客関係管理ソフトウェアプログラムなどにリンクできるなど、すべてを所定の位置に収めることができます。このため、その他多くの理由から、開始する理由を理解するのは難しくありません。アップはこれらのサービスを最大限に活用しています。 これらはスケーラブルであり(詳細は後ほど)、ビジネスの運用方法を変え、飛躍的に生産性を向上させています。

3.すべてがより効率的です

ビジネスの世界では、バージョン管理に関連する問題を十分に認識しています。

ファイルとドキュメントが常に交換されている場合、最新バージョンで作業しているかどうかはわかりません。 すべてのチームが物事を整理しておく責任を負うことはありませんが、何があっても間違いがあります。

幸い、クラウドのおかげで、これはもはや問題ではありません。 クラウドでは、ドキュメントとファイルをリアルタイムで調整および編集できます。 Googleドライブを例にとると、ドキュメントとファイルの編集と共有がいかに簡単かがわかります。 ファイルのアップロードとダウンロードを何度も繰り返す必要はありません。

4.ドロップインオーバーヘッド

企業がクラウドサービスを選択した場合、費用は発生しません。 すべての費用がかかるのは、クラウドサービスの選択です。

組織の規模に関係なく、このようなサービスを社内で維持するためのコストはすぐに増大します。 これには、維持費や一般的なメンテナンスなどのコスト、データホスティング用のサーバーのコストなどが含まれます。 これらすべてを内部で処理することは、独自のプロジェクトになります。 率直に言って、多くの企業はそのようなお金を持っていません。

良いニュースは、クラウドがスムーズな体験のための参入障壁を減らすことです。 企業は、クラウドプロバイダーに依存して、内部インフラストラクチャ専用のプラットフォームを構築する必要なく、必要なすべての職務を処理できます。 そのような会社は多くのお金を節約できるので、彼らはそれを他の場所に投資することができます。 また、プロセスを同時に改善することもできます。 これらの企業はイノベーションと運用をより迅速に行うことができ、最終的に企業がこれまでにないような新しい高みに到達できるようになります。

5.強化されたデータセキュリティ

大小の企業がクラウドを採用する場合、セキュリティが不可欠になります。 このため、クラウドサービスプロバイダーはすでにセキュリティゲームの改善を始めています。 物事を展望するために、最近の調査では、クラウドサービスを検討している企業にとって、セキュリティは最長の懸念事項であると結論付けています。 しかし、それはクラウド企業が親指を簡単にいじることができるという意味ではありません。

クラウドサービスプロバイダーは、Fordのようなヘビーヒッターに対応できるように、改善と革新を続ける必要があります。 フォードはコネクテッドカーを生産しており、それらのカーからのデータが危険にさらされている場合、これは危険な場合があります。

一部の企業にとってセキュリティは依然として懸念事項である可能性があると同意していますが、クラウドサービスプロバイダーは、顧客の期待に応え、それを超えるようにセキュリティ対策を強化するために厳しく取り組んでいます。

6.スケーラビリティ

クラウドサービスにより、企業は要件に応じてコンピューティングリソースを拡大または縮小できます。 これは、成長する企業と新興企業にとって重要であり、ハードウェアとソフトウェアにかなりの金額を費やすことなく必要なリソースを制御できるため、同時に運用コストを削減できます。

7.障害回復力

企業が対処する独自のサーバーを持っている場合、緊急事態や、データを複製する必要がある場合などの極端な場合に備えて、追加のハードウェアを購入する必要があります。 このような問題は、クラウドに移行することにより、一度に根絶することができます。 クラウドは、停止に対する脆弱性と冗長性を排除します。 したがって、ビジネスがクラウドに移行すると、必要なときにいつでも情報にアクセスできると同時に、信頼性が向上します。

クラウドソリューションがビジネスにもたらすメリットを理解したので、まだ移行していない場合は、クラウドへの移行を検討する必要があります。 クラウドに移行すると、可能性は無限になります。 問題が発生した場合は、いつでも期待できます マイクロソフトチーム あなたがあなたの分割のない注意を必要とするタスクと操作に集中するとき、あなたのために問題の世話をするため。

もちろん、上記のメリットはほんの一部であり、ビジネスのメリットはそれぞれ異なるので、最高のクラウドサービスプロバイダーを選ぶには宿題を立てる必要があります。 そうすれば、いつしか、長期的にあなたのビジネスに利益がもたらされます。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください