ビジネス

株価チャートを読んで理解するための初心者向けガイド

ブランク

株価チャートを読むことは確かに初心者にとって困難な作業です。 株式市場の複雑な詳細を理解することは不可欠であり、あなたがこの分野に慣れていない場合は、たくさん練習する必要があります。 ことわざがそうであるように、時間と練習によって、あなたはスキルを学びます。

この点で、それは 株式ブローカー 株価チャートと一緒に楽にプレイできる人。 しかし、最初の数日間は、習得するのが最も難しい作業のXNUMXつです。 初心者がすぐに株価チャートを理解し始めるための重要な情報とエキスパートのヒントをいくつか紹介します。

株式市場チャートについて

株式市場チャートは、データと情報の主要なセットがほとんどない時間枠でプロットされた株価のグラフを表す価格チャートを参照するだけです。 このようなグラフは、株式のトレンドに関する詳細情報と、現在の株式市場のトレンドとトレンドの反転を特定する上でそれらがどのように重要な役割を果たすかを提供します。

チャートパターンは、具体的にはトレーディングシグナルを生成する明確な定式化であり、それによってグラフ表現内の将来の価格変動の兆候を示します。 したがって、このようなチャートに従うことで、株式が取引されるまでの各日の終値をこれらの各ポイントに表す場合は、短い時間枠またはXNUMX年の株価を認識することができます。

ブランク

したがって、そのようなチャートを読んで解読することは、株式取引のゲーム全体を習得するために重要です。 そのような作品に関するエキスパートのトリックに入る前に、利用可能な株式市場チャートのタイプを詳しく見てみましょう:

頭と肩

証券の動きを示す反転チャートパターンを指します。 簡単に言うと、チャートは、彼らが以前の傾向に対して動いているかどうかを理解するのに役立ちます。

毎日の棒グラフ

これは、主要なトレーダーが市場で使用する最も一般的なもののXNUMXつです。 それはあなたに価格と株価についての大量のデータと情報を提供します。終値と始値、それが触れた最高値と最低値などです。

折れ線グラフ

それは初心者にとって重要なもののXNUMXつです。 これは、毎日の終値に関する詳細なデータを提供するためです。 これは通常、毎日プロットされるため、参照用の折れ線グラフを形成します。

ローソク足チャート

利用可能な次のタイプの株価チャートはローソク足チャートです。 価格に関連するデータと情報は若干異なる形式で反映されます。 これはXNUMXつのセクションに分かれており、これらはXNUMX行で表されます。

細い線は高値から安値までの価格帯を表しています。 実体は、トレーダーが期首残高と期末残高の差を計算するのに役立つより広い部分に関連しています。

ポイントと図表

ポイントと図表は グラフ表示 株価のですが、時間に対してプロットされていません。 それは単に、時間ベースのチャートが成長の方向を提供しないためです。 ここでは、X軸とY軸の株価をプロットすることにより、方向の変化を確認できます。

株式市場チャートのパターンを読むための詳細な紹介

それらを適切に読むことを学ぶためには、市場で利用可能なさまざまな株式市場チャートパターンを進んでいく必要があります。 これらの株価チャートを正しく読み、理解するための簡単な方法を以下に示します。

識別する

行うべき主なことは、株価チャートを識別し、上部を見てそれぞれのシンボルのティッカー指定を見つけることです。 これは、会社の詳細を提供する短いアルファベットの識別子です。 会社の情報を検索するときに正確なシンボルを取得することは不可欠です。

時間枠を選択

トレンドを完全に理解するには、株価チャートの時間枠をよく理解している必要があります。 毎日、毎週、毎月、さらには年間ベースから選択することもできます。 これらは、情報を提供できるグラフを参照するために使用できる時間枠です。

さまざまな期間を確認すると、短期および長期の傾向を特定し、統合および アルゴリズム取引。 特定の日のこれらの価格を覚えて、次の価格の統合を確認する必要があります。

集計キー

集計キーは、チャートからの情報を数値で読者に提供することになっています。 これにより、アクティビティ全体が少し簡単になるか、最新の価格と取引量がわかります。

価格の追跡

株価チャートは通常、上位と下位のXNUMXつの領域に分かれています。 上の部分は、期間中の株価の変動を追跡します。

しかし、小さい方の部分は価格に関する詳細なガイドを提供します。 したがって、読者は株価を正確に理解するためにこれらを追跡する必要があります。

取引量

下部で市場で取引されている株の量の詳細を確認できます。 データは、適切な色分けされたバーを使用して、市場に特定の勢いがあるかどうかを判断するのに役立ちます。

これらの色は固定されていないため、ここではこれらの機能の読み取りに注意する必要があります。 これらは、連続する日数での終値に関連するデータを提供する傾向があります。

このような詳細について知り、特定のツールを使用して株価チャートを読むには、Alpacaをチェックしてください。 これは、ユーザーが資産管理活動をモジュール化するのに役立つ優れたツールを提供する評判の高いブランドです。

移動平均に注意を払う

移動平均では、特定の期間の株価の平均値を計算できます。 ただし、期間は在庫分析の重要なツールであるため、時間とともに調整される傾向があります。 株価チャートでは、これらは通常、これらのチャートを横切る線で示されます。

最終的な考え

これらの線をたどることで、以前の株価に関する特定の傾向またはパターンを特定できます。 しかし、いつも強調されているように、これらのチャートを練習して読むことは、時間をかけてこれらのスキルを習得するのに役立ちます。 これらの株式取引の概念を理解すればするほど、それらの情報をよりよく収集できます。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください