ビジネス

人々を管理するための最良のヒント

人々を管理するための最良のヒント

スタッフの管理は、ビジネスの成功に重要な役割を果たす芸術です。 リーダーとして、人々を管理することは自然にやって来るかもしれませんし、それは仕事での長年の経験を通して学んだスキルかもしれません。 それは難しいです 完璧なマネージャーになる。 ただし、人を管理する場合、注意が必要なことがいくつかあります。 優れたマネージャーになるために知っておくべきことは次のとおりです。

誤解を避ける

常にスタッフに明確な指示を提供してください。 達成可能な明確な目標を提供するようにしてください。 あなたのスタッフは常に彼らが何をしているか、なぜそれをしているのか、そして彼らが仕事を終えたら何を達成すべきかを常に知っているべきです。 彼らがあなたが言っていることを積極的に聞く時間を与えてください。 彼らはあなたが以前に考えたことがないかもしれない興味深いアイデアを持っているかもしれません。

時々、あなたのスタッフは支持耳も必要とするでしょう。 スタッフがオープンになることを奨励するオープンドアポリシーが必要です。 あなたが彼らの提案を考慮すれば、彼らは評価され、力を与えられたと感じるでしょう。 良い仕事をするために定期的にフィードバックを与える。 また、問題が激化して引き出されるため、問題を強調するためのレビュー会議を待つべきではありません。

動機でマークを見逃さないようにする

実績をセールススタッフに限定するのではなく、時間をかけて彼らの成果を認め、報酬を与えます。 ポジティブな職場環境を奨励するためのインセンティブプログラムを用意する必要があります。 また、長期的なコミットメントを構築します。 インセンティブプログラムを機能させるには、スタッフの動機を特定する必要があります。 ほとんどの場合、それは常にお金であるとは限りません。 最高のパフォーマンスを保証するために、個人ごとに個別のインセンティブを見つけます。 認識も報酬と同じくらい重要であることを忘れないでください。

矛盾を避ける

不規則な反応を示したり、慣習を変更したり、一部の人々を特別に扱ったりすると、従業員があなたを信頼しにくくなります。 また、彼らはあなたが彼らから何を望んでいるかを理解しません。 常に一貫性を保ち、人々が信頼できるマネージャーになる必要があります。 使用する Tracktime24.com スタッフとワークフローを効果的に管理できます。

なお、管理職による管理スタイルの違いは、スタッフ間の葛藤につながります。 ビジネスの他のリーダーと協力して、同じ管理スタイルに従うようにします。 そうすれば、従業員はあなたを信頼できます。

委任とマイクロマネージメントを理解する

リーダーとしての地位が高まるにつれて、あなたは委任を強いられます。 ほとんどの人は職務を手放すのに苦労しますが、あなたはそれをする必要があります。 マイクロ管理 あなたの従業員は信頼、責任および動機を損なう。 結局、あなたは疲れます。 スタッフに新しいタスクを実行するスペースを与え、細かい部分は手放しますが、スタッフと頻繁に連絡してください。

良い手本を示します

職場で作業標準を設定し、それに従う必要があります。 毎日遅くまで仕事をしたり、勤務時間中に個人的な電話をかけたりしないでください。 そうでなければ、あなたがやっているので、あなたの従業員は同じことをします。 あなたはあなたの従業員に良い例を設定し、彼らの尊敬を得るためにより良い時間を持つ必要があります。

急いでの採用を避ける

スタッフのXNUMX人が通知した例を考えてみましょう。 また、あなたのビジネスは突然改善している可能性があります。 さて、これらのケースのいずれかで、あなたは迅速に新しい人を雇うことを余儀なくされます。 ただし、急いで新しい人を雇わないでください。 急いで新しい人を雇うと、後でさらに問題が発生します。

たとえば、役割を完全に指定していない可能性があります。 また、職務内容の資格がある唯一の候補者を見つけることを期待して、面接の主要な質問を作成した可能性があります。 これを避けて、すべてをゆっくりと行ってください。 採用プロセスに時間をかけ、慎重に実行してください。 候補者があなたの役割に合うように強制しないでください。 覚えておく必要があることがいくつかありますが、その人に重要なスキルがない場合は、仕事に適していません。

優れたマネージャーになるには多くの時間がかかりますが、これらのヒントを使用して組織で最高のマネージャーになることができます。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください