ビジネス

優れたプロジェクト管理スキルを開発するさまざまな方法

プロジェクト管理は通常、より多くの作業を効率的かつ持続可能な方法で提供するプロセスを指します。 適切なプロジェクト管理手法の実装について混乱していますか? 次に、従業員の生産性の向上とコストの削減につながる可能性のあるプロジェクト管理スキルを開発するための簡単な方法について説明します。

  • 計画 −スケジュール、リソース、予算を現実的に計画および保存する方法を学びます。 これにより、従業員とクライアントの両方に適切な期待をもたらす道を歩むことができます。
  • コミュニケーション−計画を従業員やクライアントと共有し、得られたアイデアをプロジェクト管理プロセスに統合しながら、良好なコミュニケーションを維持します。 きみの コミュニケーション 戦略には、毎週のメール、朝の対面円卓会議、または紙のチェックリストの配布などがあります。
  • BHツール –適切なプロジェクト管理ツールを見つけると、実行することを選択したすべてのプロジェクトに独自性を追加するのに役立ちます。 これには、トレンドのデジタルプロジェクト管理システムまたはクラウドベースのリソースが含まれ、アップデートを共有して、電話でタスクを割り当てることができます。
  • 目標を設定する–プロジェクトの計画を立てるときに確固たる目標を設定します。最初は小さな勝利です。 納期を順調に達成し、目標を達成することができます。 追加のヒント:誰もがアクセスできる場所にスケジュールを保管してください。
  • 最小実行可能な製品(MVP)–次に、製品またはサービスを販売可能にして市場に出すために必要な最小限の作業に注意する必要があります。 の原則に従う MVP 製品をできるだけ早く市場に投入し、製品を消費者に送り、フィードバックを要求するのに役立ちます。
  • 生産性 –現在の生産性を調べ、適切なタスクを適切な従業員に割り当てます。 新しいファイルの更新と同期、新しいメールのカタログ化、自動リマインダーの送信により、日常のタスクの管理と生産性の向上に役立つソフトウェアをインストールできます。
  • フィードバック –顧客と従業員の両方から定期的にフィードバックを受け取ります。新しいポリシーを実装した後、新しいソフトウェアで従業員をトレーニングしたり、新しいプロジェクト管理システムを確立した後にフィードバックセッションを実施できます。
  • 期待に応える –自分の長所と短所を特定することにより、現実的な期待を設定します。 計画プロセスの構築を続け、従業員間で作業を分割します。 このようにして、誰もが自分のタスクに関連する問題に対処する責任があります。
  • 時間 –リソースをXNUMXか所に整理して、将来の時間を節約します。 また、プロジェクトの説明会を開催する時間を取り、革新的なアイデアを次回のプロジェクト管理プロセスに取り入れます。

プロジェクト管理プロセスに自分自身について詳しく知りたい場合は、プロジェクト管理の短期コースに申し込んでください。 プロジェクト管理コースを学ぶことにより プロジェクト管理スキルを向上させる方法を開発または理解する機会を得ます。

著者について

管理人

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください