ビジネス

中小企業がオンラインファックスでお金を節約できるXNUMXつの方法

ブランク

ファックスは、あらゆるビジネスの成功に重要な役割を果たします。 署名の取得、ドキュメントの送信、通信、および小規模ビジネス向けのさまざまなことを行うのに役立ちます。 多くの企業が今でも従来のファックス機を利用していますが、より多くの事業所がすべての業務を合理化しようと考えるにつれて、オンラインファックスは長年にわたって非常に有名になりました。 今日、中小企業はインターネットファクスをシームレスに利用して、タブレット、スマートフォン、またはPCを使用してインターネットから効率的かつコスト効率よくどこからでも安全かつ確実にファクスを送受信できます。

多くの事業主は、実際のFAXマシンをオンラインFAXサービスプロバイダーに置き換えました。 などの企業 eファックス 業界の他の多くの企業は、生産性の向上、時間の節約、コストの最小化を可能にする高品質のサービスを企業に提供しています。 インターネットファックスに不慣れなビジネスマネージャーの場合は、オンラインファックスで施設の費用を節約する方法をいくつか紹介します。

  1. 最小限の初期費用がかかります

一般に、小規模ビジネスのオーナーは電話回線やFAX機を購入する必要がないため、インターネットFAXの初期費用はかなり低くなります。 すべてがクラウドに基づいているため、どこからでもすばやく簡単にアクセスできます。 統計によると、インターネットファックスを使用すると、企業は初期費用を最大85%節約でき、従来のファックスサーバーを使用する場合の月額費用は約34%節約できます。

  1. 物理的なFAXマシンに関連するすべてのコストを回避できます

インターネットファックスでビジネスコストを節約できるもうXNUMXつの注目すべき方法は、物理的なファックス機の運用コストを心配する必要がないことです。 これらのマシンは非常に便利ですが、安価ではありません。 インク、トナー、紙の代金を支払い、必要に応じてメンテナンス費用を支払う必要があります。 ビジネスが通信のニーズに対応するために複数のマシンを必要とする場合、これらすべてのコストはさらに高くなる可能性があります。

まず、ファックス機を購入すると、数百ドル、場合によっては数千ドルの費用がかかります。 一方、インターネットファックスでは、マシンを使用せずにかなり高速にファックスを送受信できます。 FAXをオンラインで保存することもできます。これにより、物理的なストレージのコストに加えて、多くのスペースを節約できます。 インターネットFAXに切り替えるだけでなく、多くの現金を節約できるだけでなく、会社の無駄を減らし、環境の保全にも役立ちます。

  1. あなたはあなたのニーズに基づいてインターネットファックスをカスタマイズすることができます

ビジネスコミュニケーションに従来のFAXマシンを使用しても、カスタマイズの余地が十分にありません。 以前は、XNUMXか月にXNUMX通だけFAXを送信するか、毎日多くのFAXを送信するかに関係なく、マシンとそれに関連するその他すべての費用を支払う必要がありました。 幸いなことに、オンラインFAXを使用すれば、そのようなことはありません。 ほとんどのオンラインFAXサービスプロバイダーは、あらゆる施設の通信ニーズに合わせてさまざまなパッケージを提供しています。 小規模でも大規模でも、常にニーズに合ったパッケージがあります。 これにより、通常使用しているサービスの料金のみを支払うことができます。

途中でビジネスコミュニケーションのニーズが変化しても、心配する必要はありません。 これらのサービスプロバイダーのほとんどは、信じられないほどスケーラブルであり、毎月送受信するページがさらに必要になったときに、シームレスにプランを上下に移動できます。 インターネットファックスを使用することで、必要なものだけを費やすことができ、小規模ビジネスの拡大に向けて費やすことができるお金を無駄にすることはありません。

  1. スタッフの生産性と効率が向上します

多くの新興企業がビジネスを運営するときに遭遇する最も高いコストのXNUMXつは人員配置なので、従業員の時間とスキルを最大限に活用したいと考えています。 中小企業がビジネスを行い、運用を合理化する方法は、効率を高める上で重要な役割を果たすことができます。 残念ながら、従業員がFAXマシンを介してドキュメントを送受信するのにXNUMX分以上費やしていると、多くのスタッフの作業時間が無駄になってしまいます。 これは大きな非効率であり、従業員の労働時間が無駄になるほど、会社が失う貴重な時間は多くなります。

一方、オンラインFAX送信は非常に簡単で、従業員はより重要なビジネスタスクに取り組み続けるため、自分のデスクから行うことができます。 時間はかかりません。また、スタッフの生産性と効率を最大限に高めます。 従来の意味では、オンラインFAXはお金を節約することはできませんが、FAXの送受信に最小限の時間を費やし、作業に集中する時間を増やすことで、長期的には最終的な収益を上げることができます。

  1. 管理上の負担が軽減されます

インターネットファックスを使用すると、特に読めない不要なファックスを分類したり、後で参照できるようにハードコピーを提出したりする場合に、多くの時間を節約できます。 電子メールマクロとフィルターは、電子メールに送信されるすべてのFAXを特定のフォルダーに自動的にファイリングできます。 これらのFAXは後で企業全体で共有したり、組織のデータベースに保存したりして、ビジネストランザクションで使用するときにすばやく取得できます。 オンラインファックスを使用すると、重要なビジネスドキュメントが送信されたことをいつでも知ることができる自動アラートをスマートフォンで受け取ることもできます。

結論

多くの人々、中小企業、さらには大企業でさえ、ビジネス文書や通信を送受信するためにFAXマシンを使用しています。 組織がすでにオンラインFAXに切り替えている場合は、インターネットFAXによって時間と費用の両方を節約できるため、幸運です。 ただし、ビジネスで従来のFAXマシンを使用してFAXを送受信する場合は、インターネットFAXが会社にどのように役立つかを理解していただければ、気が変わるかもしれません。

オンラインファックスを使用すると、多くの費用を節約できるだけでなく、特に通信、顧客の獲得、販売をファックスに頼っている場合は、小規模ビジネスの競争力を高めることができます。 ビジネス環境は進化し続けているため、ビジネスの実施方法を変更し、新しいビジネステクノロジーを実装することは成功に不可欠です。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください