ビジネス

知っておくべきITスタッフ増強の主な利点

すべての従業員がXNUMXつの中央オフィスに座らなければならなかった時代はもう終わりました。 今日、雇用に関してXNUMXつの都市またはXNUMXつの国に限定されることはなくなり、オンラインリソースを介してグローバルな人材にアクセスできるようになりました。 しかし、必要なプログラマーを半世界離れた場所に見つけて、あなたの国に連れて行くという面倒な作業をすべて行うことは理にかなっていますか? 幸いにも、この問題はスタッフの増強によって簡単に解決されます。 ここでは、この概念のすべての本質をカバーし、資格のあるものをどのように利用できるかを説明します ウクライナでのITスタッフの増強.

ITスタッフとは?

急いで海外に新しい人材を雇う前に、「ITスタッフの増強とは何か」を明確にする必要があります。 これは、リモートスタッフ配置ベンダーの助けを借りてプロジェクトにスタッフを配置できるようにするアウトソーシングオプションです。 つまり、プロジェクトのリモートオフィスでのみ働くフルタイムの従業員を雇います。

あなたのビジネスのためのITスタッフ増強の利点

必要なすべてのハードウェアとソフトウェアを備え、正式に採用され、すべての社会的特典を受け取る、プロジェクトのオフィスでプログラマーのチームを編成できるというアイデアは、間違いなく魅力的です。 最善の方法は、すべての面倒を自分で管理する必要がないことです。 それらは人員配置ベンダーからすべての必需品が提供されているリモートオフィスで働いていますが、あなたはそれらの管理サービスに対してベンダーの料金を支払うだけです。

ITスタッフから確実に得られる主な利点は次のとおりです。

  • 費用対効果

新しい開発者を雇うことは費用と時間がかかります。 履歴書を見つけて選別する、面接とテストを実施する、公職に就く、法的手間をかけるだけでなく、新しいチームメンバーのために新しい機器やソフトウェアを購入するためのリソースとお金を割り当てる必要があります。 ITスタッフを配置することで、面倒な作業はすべてベンダーが有料で管理できます。

  • より迅速な採用

適任の採用担当者がいない場合、採用プロセスは無限に広がる可能性があります。 IT人材派遣ベンダーには通常、経験豊富な採用スペシャリストのチームがあり、記録的なタイムフレームで作業を行うことができます。

  • 運用コストの削減

オフィススペース、ハードウェア、ソフトウェア、給与、経理、税金、社会的パッケージなど–これらすべての運用上の支出は、社内スタッフにとって本当の頭痛になる可能性があります。 しかし、ITスタッフの配置は、ベンダーではなくベンダーの責任です。

  • グローバルな人材へのアクセス

ソフトウェア開発を外部委託する場合、あなたはあなたの場所で利用可能な労働力によってもはや制限されません。 世界のどこにでもリモートチームを設置できます。

  • 柔軟性とスケーラビリティ

ITスタッフは、オンデマンドでチームメンバーを追加または削除するという点で非常に柔軟です。 ビジネスが成長し、より多くのプログラマが必要になった場合は、ベンダーに追加のスタッフを雇うよう依頼することで、リモートチームをすばやく拡張できます。

スタッフ増強をどのように活用するか?

人員配置モデルが自分に適していると判断したら、市場を調査して、協力できるITスタッフの補強会社を探すのがよいでしょう。 選択は、ターゲット市場の選択、予算、人員配置のニーズによって異なります。 これらの基準をすべて決定し、ベンダーの最後のセクションを作成したら、リモートのドリームチームから切り離すためのいくつかのステップを実行するときが来ました。

  1. 基準策定。 IT人材派遣会社を見つけたら、すべての採用基準を指定して、ベンダーがチームに適切なスタッフを確実に採用できるようにすることが重要です。 このステップを完了するには、スタッフの数、コアおよびオプションのスキルとコンピテンス、資格、および彼らが持つべき専門知識のリストに関するデータを提供する必要があります。 開発者の年功序列レベルとチーム全体に対する予算も、ベンダーの採用担当者にとって重要な指針となります。
  2. レビューを再開。 ベンダーがエントリーデータを取得したら、次のステップは実際の候補者検索を開始することです。 採用担当者は利用可能なデータベースをスキャンし、適切な履歴書を選択し、候補者に連絡してそれらの利用可能性を確認します。 ベンダーに、候補者がスキル検証のための実用的なテストに合格するように指示することもできます。 面接後、リモートチームに適していると思われる候補者を確認します。
  3. オンボーディング。 新しい開発者またはチームを採用した後、それらが社内の開発スタッフとよく一致することを確認する必要があります。 これは、オンボーディングセッションまたはベンダーのオフィスでの簡単な知り合いのためのパーソナルミーティングによって実現できます。
  4. 仕事中のサポート。 リモートチームは引き続きチームであることを忘れないでください。そのため、コミュニケーションとサポートに投資してパフォーマンスを高く保つことが戦略的に重要です。 長期的な協力の不可欠な要素であるフィードバックと関係構築の収集を無視しないでください。

ご覧のとおり、ITスタッフの増強ソリューションにより、人員配置は今ほど簡単ではありませんでした。 場所を選択し、具体的な基準を設定して、プロジェクトの進捗状況を楽しんでください!

著者について

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください