テク

あなたの家のためのディーゼル発電機を購入することの長所と短所

ブランク

発電機は高価で複雑なハードウェアですが、商用と個人の両方のニーズにエネルギーに依存しているこの時期には、発電機を用意することが不可欠です。 人々は、タイムリーな故障に対処するためにそれを購入することから、それらを使用して建設現場全体をパワーアップすることまで、さまざまな目的のためにそれを得る傾向があります。 ただし、何も知らずに自分でそれらを選択しようとすることは困難な場合があります。

ほとんどの人はこれらの問題に対処し、発電機を購入する間、最終的に悪い判断を下します。 それはそれらを得るためにかなりの額を費やした後でさえ、しばしば彼らにランニングとメンテナンスコストの形でより多くの費用を残します。 それは彼らにとって苦痛な状況になり、これが検討するのに良い投資だったのか疑問に思うようになります。 しかし、彼らが実際に反映する必要があるのは、それらを購入するという考えを推測するのではなく、ジェネレーターの選択です。

たとえば、ディーゼル発電機は通常、検討するのが最善ですが、値段の高さから人々は代替オプションを検討するようになっています。 彼らがパッケージを無視して、購入をしている間、特定の機能にもっと集中するので、それはほとんどの場合です。 そうすることで、彼らは信頼できない機器を持ち込むことによって無意識のうちに彼らの財政に負担をかけます。

幸いなことに、ほとんどの信頼できる販売者は、製品のマーケティング中にこれらの詳細に重点を置くか、アイテムの説明にこれらの詳細を追加します。 チェックアウト Ablesales、これは、顧客が賢明な投資を行っていることを確認するためにこれを行います。 彼らは、さまざまな価格帯でさまざまな発電機を提供しています。これらをオンラインにして、個人の電力要件を満たすことができます。

それでもあなたがすべてのアイテムの詳細を調べるのが面倒な場合は、ここにあなたの家のためにディーゼル発電機を買うことの基本的な長所と短所があります。 これらは、あなたの考えをまとめ、それを購入する際により良い選択をするのに役立ちます。

PROS

これらはあなたがディーゼル発電機を手に入れることから楽しむことができる利点です:

  1. 低メンテナンスと高耐久性

ディーゼル発電機のエンジンは、組み立てに使用する部品が少ないため、故障する可能性のある部品が少なくなっています。 点火プラグの交換や気化器の修理を頻繁に行う必要がある一般的なガスエンジン発電機と比較すると、管理が簡単です。 それが、ディーゼル発電機が市場で入手可能な他のタイプの製品よりもはるかに実現可能なオプションであることが一般的な考えである理由です。

その上、それはまた、その場所を切り替えている間、どんな消耗にも耐えることができるより耐久性のあるハードウェアです。 家の中で移動する場合でも、場所を変えて移動する場合でも、途切れることのない供給を期待できます。 これらの要因により、投資に対する満足度が高まります。

  1. 燃料効率と継続的な供給

あらゆる発電機の燃料費はすべてのユーザーの主要な関心事であり、ディーゼルはより高価なので、誰もがガス発電機がより良い選択肢であると考える傾向があります。 彼らが無視しているのは、ディーゼルエンジンの最新のラインがユーザーに高い燃料効率を提供することです。 それは、ディーゼル発電機が物事のバランスをとる他のタイプと比較すると、より少ない量の燃料で仕事を成し遂げることを意味します。

さらに、ディーゼル発電機は頑丈で、長期間にわたって電力サポートを提供できます。 つまり、ダウンタイムを最小限に抑え、投資の快適さを最大限に体験できるようになります。 これが、他のオプションよりもディーゼル発電機を好むべきもうXNUMXつの理由です。

  1. より良いライフスパンで安全に保管

発電機を扱うということは、あなたがあなたの家でミニ発電所を運営していることを意味します。 ただし、ディーゼル発電機を使用すると、危険性は軽減されます。

ディーゼルは可燃性が低いため、ガソリンよりもかなり安全な燃料であり、流出の問題は少なくなります。 さらに、貯蔵寿命が長くなるため、詰め替えごとにガソリンスタンドに行く代わりに、店舗から高品質の燃料を手に入れることができます。

ディーゼル発電機は、取り扱いを誤ると火災が発生するほか、寿命が大幅に向上します。 メーカーは、一部のモデルはガス発生器のXNUMX倍長持ちすると推定しています。 したがって、ディーゼル発電機は交換が必要になる前に数年のサービスが期待できるため、完璧な投資になります。

コンズ

これらはディーゼル発電機のいくつかの欠点です:

  1. ノイズとガスの排出

ディーゼル発電機を手に入れることの主な欠点の中には、その大きな音と有害なガス放出があります。 ディーゼル発電機は通常、建物から離れた場所、またはそれを収容するために特別に準備された防音室に保管します。 そうすれば、彼らは音によって引き起こされる妨害の多くを感じなくなります。

その上、それが放出する有害なガスには炭素と窒素の化合物が含まれているため、その空気を吸い込んでいると恐ろしいことになります。 周囲の効率的な換気システムは、この問題を回避するのに役立ち、問題なく使用し続けることができます。

  1. 修理費用と燃料のアクセシビリティ

ディーゼル発電機に関する他の重要な問題は、修理を頻繁に検討する必要がないかもしれないということですが、そうするとき、それらは一般的に財布に困難です。 ディーゼルはその耐久性のあるコンポーネントのために頑丈であり、何かがそれらで問題が発生した場合、それに比例してコストがかかります。

さらに、停電の場合、ディーゼルは不足しているので、そのような状況に備えていない場合は、電力がまったくない状態で座っている可能性があります。 そのため、バックアップ燃料を用意して、使用をあきらめないようにするのが最善です。

概要

このXNUMXつの側面の対比により、その場しのぎの取り決めと賢明な投資の違いを判断できます。 すでにディーゼル発電機を購入することの賛否両論 あなたの家 この選択を推論するのに役立ちます。 そしてそれにより、全体としてより良い結果につながります。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください