ビジネス

店頭がeコマースの時代でも依然として重要である理由

ブランク

過去数年間でオンラインのeコマースストアの数が大幅に増加しましたが、店先は依然として小売業者にとって重要な役割を果たしています。 精通した店主は、eコマースと実店舗のセットアップを組み合わせて、究極の顧客体験を提供しています。 店先は、消費者にパーソナライズされた体験を提供し、購入者にあなたの商品を実際に見る機会を与えるために重要です。

eコマース戦略と従来の小売アプローチを組み合わせると、店主とその顧客の両方に、両方の長所がもたらされます。 多くの実店舗では、クリックアンドコレクトサービス、店内でのパーソナルショッピング体験、改造サービス、購入前に試す機会を提供しています。 さらに、店員は詳細な質問に答えることができるため、顧客は購入前に情報に基づいた決定を行うことができます。 これらのエクスペリエンスをオンラインの領域で提供するのは難しい場合があります。つまり、小売業者は、すべてを望んでいる現代の消費者のニーズを満たすソリューションを見つける必要があります。

現在の電子商取引の時代において、店先が依然として重要であるいくつかの理由を見てみましょう。

カスタマーエクスペリエンス

顧客を可能な限り最高の店内で体験できるようにすることは、長期的に顧客をリピーターである忠実な顧客に変えるために重要です。 インストールできます POSソフトウェア チェックアウト体験を合理化し、顧客の待ち時間を減らし、より多くの支払い方法を提供します。 顧客の質問に対処する方法についてスタッフをトレーニングし、知識と情報を得られるようにしてください。 優れた顧客体験を提供するために、店舗で利用できるスペースを使用して、提供物を表示したり、情報を提供したり、実行している可能性がある特別提供物を販売したりできます。 実店舗での体験をオンラインの世界で再現することはほとんど不可能ですが、実店舗を使用すれば、サービスを提供するすべての顧客に永続的な好印象を残すことができます。

ご購入前にお試しください

衣服、道具、化粧品、テクノロジーなどを購入する場合でも、オンラインで購入するときは、購入するものとはある程度のつながりがあります。 多くの消費者がオンラインでの買い物をためらっている最大の理由のXNUMXつは、実店舗と同じようにオンライン小売業者に戻ってきたと感じていないことです。 消費者は感謝します 製品を見ることができる 彼らが購入することを決定する前に、直接。 新しいテレビでの写真の美しさ、新しいジーンズのフィット感、または枕の実際の色は、写真を見るよりも、見ている製品の前に立っているとわかりやすくなります。画面上。

専門家の助言

非常に多くのブログ、YouTubeチャンネル、顧客レビューWebサイトがあり、消費者はこれまで以上に情報を得ています。 しかし、まったく似ているものはありません 店員に話す 直接あなたの質問に適切に答えてもらいます。 結局のところ、あなたが何を買っているかに関係なく、実店舗のスタッフは以前にアイテムを販売したことがあり、店舗に持ち帰られた返品から生じる問題についても知っているはずです。 彼らの助言により、顧客は購入する前に情報に基づいた決定を行うことができます。

店先は重要な役割を果たし続けます

近年のeコマースのブームにもかかわらず、実店舗はすぐにはどこにも行きません。 実店舗は、小売業者に有意義で個人的な方法で顧客とつながる機会を提供し、オンラインで体験するものとはまったく異なる体験を提供します。 完全なパッケージを提供するには、小売業者は組み合わせることを検討する必要があります ストアフロントでのeコマースのセットアップ 消費者に両方の長所を与えるため。 このアプローチにより、ビジネスの将来性を保証し、より多くの忠実な顧客を獲得し、時間の経過とともに最終的に収益を向上させます。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください