インターネット

ビジネス向けAIカスタマーサービスチャットボットの4つのメリット

チャットボット

事実を否定することはできません。チャットボットはますます人気が高まり、世界中の多くの企業がコミュニケーションを改善するのを助けています。 チャットボットは創業以来、世界中の何千もの企業に採用されており、この非常に短い間、ビジネスオーナーを魅了し続けています。 チャットボットは、メッセージングアプリやさまざまなウェアラブルを通じてコミュニケーションを改善する文化を注入しています。 それがチャットボットのためではなかったならば、多くの企業はその日の光を見たことがないでしょう。 このディスカッションの要点を深く掘り下げる前に、チャットボットを紹介することが不可欠です。

チャットボットとは何ですか?

簡単に言えば、チャットボットは一連のルールと人工知能によってナビゲートされるソフトウェアです。 これらの機能の両方を組み合わせることにより、Chabotは顧客とチャットインターフェイスとの間にコミュニケーションを生み出すことができます。 それでも混乱している場合は、実際の人と同じように、チャットボットは強力な会話をすることができます。 チャットボットは機械学習に大きく依存しており、サービスを提供するためのコマンドに反応します。 彼らは人工知能を使用しているため、リクエストを処理する前に言語を探索します。 ここにあなたのビジネスのためのチャットボットのいくつかの利点があります:

  1. トレンドについていく

あなたはデジタル時代に生きているので、グローバルなトレンドに追いつくことが不可欠です。 あなたは知って驚かれることでしょう。 顧客は、ビジネスと通信する他のどの方法よりもメッセージングアプリに関心があります。 顧客はダイレクトチャットを介してより価値を感じるので、顧客にとってより便利なオプションです。 第二に、スマートフォンユーザーの約65%は、Instagram、WhatsApp、Facebookをすでに持っている場合、新しいメッセージングアプリを電話にインストールしません。 したがって、チャットボットを使用する場合は、時間と費用を節約できます。

  1. 顧客エンゲージメントの向上

クライアントを最新の状態に保つことは非常に重要です。 実際にさまざまなソーシャルWebサイトでクライアントと参加している企業は、クライアントの支出を大幅に増やすことができます。 ソーシャルメディアは独自の仕事をしますが、チャットボットは、ファンタスティックなユーモアのセンスを使用することにより、一般的な関与をかなりインタラクティブにすることによって貢献することもできます。

今日、あなたのブランドで顧客を引きつけることはあなたにとって不可欠です。 ソーシャルメディアプラットフォームに反応しない場合、オンラインで強力な顧客基盤を構築することはできません。 最近の調査によると、クライアントと頻繁にチャットする企業は、顧客ベースを簡単に最大40%増やすことができます。 これが、チャットボットが世界中の多くのビジネスに簡単に進出した主な理由です。 忘れないでください。顧客のチャットボットは、他のどの方法よりもエンゲージメントを高めることができます。

  1. グローバル市場への進出が簡単

現代のビジネスの精神は、大勢の聴衆を獲得し、国境を越えて人々に手を差し伸べることです。 つまり、ローカルブランドであっても、海外の視聴者を簡単に獲得できます。 したがって、グローバルレベルで拡大する計画がある場合は、カスタマーサービスチャットボットがオーディエンスとの関わりに役立ちます。 通常の人間とは異なり、チャットボットは文句なしに年中無休24時間稼働できます。 このようにして、ビジネスは現在の運用を簡単に拡大し、簡単に拡大するためのさまざまな方法を探すことができます。 必要なのは、ニーズに合わせてカスタマイズされた優れたチャットボットソフトウェアだけです。

  1. お金を節約する

すべてのビジネスは、より少ないお金の投資で最大の利益を得ることを目指しています。 したがって、ビジネスにチャットボットを組み込む場合、オンラインで顧客と交流するために追加のスタッフを雇うためにお金を費やす必要はありません。 忘れないでください。グローバルプラットフォームでビジネスを拡大する場合、XNUMX日に何千ものクエリに応答する必要があります。 ただし、カスタマーサービスチャットボットを受け入れると、ほとんどの会話が行われ、ビジネスの他の主要な領域で時間を過ごすことができます。 したがって、チャットボットを使用することは常にあなたの会社にとって非常に有益であることが証明されます。 ビースピン.io 2018年700月に設立された新しいビットコインカジノです。カジノには100以上のゲームがあり、最大1 BTC + 50フリースピンまでのXNUMX%のデポジットボーナスが含まれています。

ビジネスにとってのチャットボットの欠点

チャットボットが十分に最適化され、悲劇に陥らないことが不可欠です。 企業がデジタルマーケティング、リードジェネレーション、顧客エンゲージメントでチャットボットを使用する場合、チャットボットには特に不利な点があります。

  • 会話ではない –ボットは人間の知性と一致することはできません。 将来のディスカッションで利用できるように、回答から理解する必要があります。
  • 開発が必要 –会社に複雑な要件がある場合、ビジュアルボットビルダーを使用してチャットボットを構築することは困難です。 会社のニーズを満たすことができるカスタムボットを開発する必要があります。
  • 理解できない –チャットボットは構築されたとおりに機能します 彼らは知性を制限しました。 クモに適切に機能させるには、適切な情報をクモに与える必要があります。

取り除く

チャットボットはビジネスに多くの利点を提供し、売上とコンバージョン率を向上させながらコストを節約します。 AI、NLP、機械学習の進歩により、それらはますますインテリジェントになり、チャットボットの未来が非常に明るく見えます。

カスタマーサポート、販売、プロモーションなど、企業全体で多くのチャットボットの利点があります。 上記の自動化されたサポートは、企業がクライアントの満足度を向上させるのに役立ちません。 チャットボットとライブサービスで組織を処理する方がはるかに優れています。 チャットボットは、基本的な質問に答えることでクライアントを引き付けることができ、複雑な質問はおそらく個別の支援によって管理されます。 この種のハイブリッドサポート戦略で顧客体験を向上させることは、両方の長所を提供することで可能です。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください