ビジネス

予防的な機械メンテナンスの重要性

ブランク

機器の取り扱いに関しては、XNUMX種類のメンテナンスがあります。 最初のものは事後対応型であり、多くのスローガンが「壊れていない場合は修正しないでください」と言います。 これにより、短期的にコストを節約し、手元のタスクを実行できるようになりますが、将来的にははるかにコストが高くなり、マシン全体を交換する必要が生じる可能性があります。 もうXNUMXつ、メンテナンスについてお話ししたいのは、予防保守です。 これは、ツールと機器の定期的な定期点検とサービスに重点を置いて、最高の状態に保ちます。 では、なぜ予防的な機械のメンテナンスが必要なのでしょうか。

  • コスト削減

マシンが故障して修復するのを待っていると、ダウンタイムが発生し、ジョブが停止し、期限が切れ、さらには短期間でマシンを交換するためにさらに多くの資金を見つける必要が生じます。 小さな修正は壊れたマシンのオーバーホール修正よりもはるかに安く済むため、予防保守はより多くのお金を節約します。 緊急修正に対応するのではなく、障害を防ぐことに重点が置かれています。

  • 安全性の向上

欠陥のある機器の使用は、機械の使用中に大きな危険と危険な作業条件をもたらします。 故意に欠陥のあるツールを使用することに決め、重傷を負うことになる場合が多くありますが、マシンで定期的なチェックを実行することで簡単に回避できました。 予防保守は、装置の安全対策を改善し、あなたやそれを扱う人に危険を及ぼす可能性のあるものに注意を向けるのに役立ちます。

  • 効率の向上

予防保守の際には、問題の工具や機械の種類に応じて、一部の部品の交換、他のオイルの交換、または液体の交換が必要になります。 部品交換中の良い習慣は、信頼できるディーラーとサプライヤーを 工作機械の修理。 安価な部品を使用すると、マシンの効率が低下したり、安全性が脅かされる可能性があります。 さらに、あなたの機械は効率の向上の結果としてあなたをより生産的にします。

  • 信頼性

あなたがビジネスのためにあなたのマシンを使うならば、あなたの顧客はあなたのオペレーションを実行するための効率的なツールを持つためにあなたの速くて敏速なサービスに常に頼るでしょう。 彼らに一流のサービスを提供することに関しては、ダウンタイムや遅延はありません。

  • 耐久性の向上

定期的な予防保守により、機械の故障につながる可能性のある問題に注意が向けられます。 これにより、マシン全体が陳腐化する前に問題を修正するためのアクションを実行できます。 メンテナンス手順が優れているほど、機械の寿命が長くなります。 最終的には、コストの削減と生産の増加につながります。 さらに、将来的に資産を売却するつもりであれば、故障したマシンではなく、よくメンテナンスされたマシンからより多くのデータをフェッチすることになります。

一部の人々は、予防的な工作機械の修理は高額であると主張するかもしれませんが、何らかの対策を講じる前に、それが故障するのを最初に待つ場合は、より多くの費用がかかると約束できます。 また、将来何か問題が発生した場合に備えて、定期的な検査をすべて文書化することも重要です。

著者について

ブランク

編集スタッフ

コメントを追加

コメントを投稿するにはここをクリックしてください